Top発足の経緯→会則

日本食養の会 会則

第1条 (名称及び本部)

本会の名称を「日本食養の会」とし、本会の本部を千葉市若葉区西都賀3-8-9都賀治療院内におく

第2条 (理念)

1、本会は玄米等の自然食を通じて食生活を改善し、多くの人々が生涯健康で快活な人生を送ることを目指す。

2、本会はあらゆる政治・宗教・経済の団体に所属せず、またその活動にも関わらない。

3、本会は営利目的の経済活動を一切行わない。

第3条 (活動の方針と内容)

本会は玄米等の自然食により、心身及び社会の健全化を目指し、次の活動を行う。

1、玄米の自然食料理教室・健康講座を実施する。

2、各地に支部を作り、全国普及を目指す。

3、食養を指導する人材を養成し普及活動を行う。

4、食養フォーラムを開催する。

5、格好・職場・サークルなどの地域社会団体へ食生活の改善指導を行う。

6、会報を発行する。

第4条 (入会と退会)

本会の理念と活動方針に賛同される方は誰でも会員となる事が出来る。また、大会は任意とし会長にその旨を住所・氏名を明記し、届け出ることで完了する。

第5条 (会費と運営費)

本会会員の会費は年間2,000円とする。また、法人会員は年間10,000円とする。

本会の運営に必要な経費は会費・寄付金及び

各行事における物販などの協力支援金で運営する。

第6条 (役員)

本会は滞りなく運営していくために役員を選出する。各役員は役員の推薦と立候補により選出され、現行役員会の承認を得る 事で決定する。なお、各役員の構成人員は下記の通りとする。

会長:1名 副会長:2名 専務理事:1名 理事:若干名 会計:1名 事務局長:1名 事務局1名 広報:2名  監査:1名 (名誉会長・支部長については役員会の承認のもと適時適任者を選出)

尚、会長・副会長・理事を代表役員とする。活動の状況に合わせ、新たな役職及び役員または専門委員を代表役員会の承認のもとに 置く事ができる。また、本会は役員の兼任を妨げない。

第7条 (代表役員会)

代表役員会は会長・副会長・事務局長で構成し、運営上の計画・立案等を取りまとめ、役員会に図る。なお、役員会出席者の2分の1以上 の賛成により承認され、可否同数の場合は会長が決定する。

第8条 (役員の任期と改選)

役員の任期は原則として2年とする。期間途中の役員就任者においても役員改選時に同時改選を行う。改選は西暦偶数年3月とし、 会員の推薦者及び立候補者の中から現行役員会で決定し会員に報告する。ただし、再任を妨げない。

第9条 (役員の退任と解任)

任期中の役員退任はその理由を提出し、役員会の承認を受け会長が退任を通達する。

役員に不正行為及びあるまじき行為の兆候もしくは発覚した場合、複数の役員がその事実確認を行い、その真偽を会長に報告する。

会長はその事実を確認し、しかるべき処置を取る事が出来る。また、当会が著しい損害を被った場合は法的処置を取るものとする。

第10条 (会計及び会計年度)

本会の運営費は、会費・寄付金・物販などに伴う協力支援金で賄われる。会の運営において必要な経費を要する場合、代表役員会の承認を得て、会計から支出される。

本会の会計年度日は4月1日から翌年3月31日までの1年間とし、会計報告は監査を受けた後、役員会の承認を受け、会報により会員に報告する。

また、行事などの活動で支出と入金がある場合は、その都度監査を受け代表役員会に報告する。

第11条 (総会)

原則として役員の2分の1以上もしくは会員の4分の1以上の総会開催要請があった場合は、会長名で招集し、総会を行うものとする。

総会の議長は原則として副会長が務める。

第12条 (役員会及び総会の主な決議事項)

役員会

1、会則の改訂

2、活動案・予算案の計画と承認

3、決算・活動報告。監査報告の承認

4、役員の選任と解任に関わる事項

5、その他の運営に関する事項

総会

1、決議要請のあった全ての事項

2、会の解散

「本会則は平成18年12月7日より役員会で改訂され、平成19年4月1日より施行」

「本会則は平成22年1月19日より役員会で改訂され、平成22年2月1日より施行」


Copyright (C)nihon-syokuyonokai.All Rights Reserved.